文字の大きさ 標準 拡大

トピックス

HOME / トピックス / お知らせ

お知らせ

2017.12.04

2017年11月30日~12月6日 「アラビア書芸展」のご案内 東京

 アラビアの書 Arabic calligraphy への誘い
 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で、調布市はサウジアラビアのホストタウンとなっています。その調布市文化会館で、アラビア書芸家・佐川信子先生の展示会が開催されます。この機会に、アラビアの書や文化に触れてみませんか?

2017.08.25

2017年10月1日第6回「月の沙漠コンサート」案内 東京

ペルシアから東西へ ~ シルクロードを行く弦の旅

 毎年大好評の「月の砂漠コンサート」のご案内です。今年は東京・池袋の自由学園明日館(みょうにちかん)(*)で行います。
2017.03.16

2017年4月4日 アラブ・ジャパン・デー シンポジウムのご案内(申込は締め切りました)

駐日アラブ諸国大使・外交使節団長評議会よりお知らせです。

 2017年4月4日(火)、アラブ・ジャパン ・デーが開催されます。当日は、「持続可能なエネルギーと水の安全」についてシンポジウムが下記のとおり予定されています。

2017.03.09

2017年3月25日 「マカームとラーガ」~旋法音楽の世界~ 公開講座案内 東京(申込は締め切りました)

多摩美術大学 松田嘉子アラブ音楽研究プロジェクト主催の公開講座をお知らせします。

旋法(モード)とは何か? 世界の音楽理論における主要な二つの旋法、アラブ古典音楽の「マカーム」、そしてインド古典音楽の「ラーガ」。これらを実演比較しながら、その真髄を探るレクチャーコンサートです。

2017.01.06

2017年1月14日~「イスラーム映画祭2」開催案内 東京・名古屋・神戸

前回大きな反響を呼んだ「イスラーム映画祭」の第2回を開催します。

映画は、私たちがあふれる情報にまぎれて見落としがちな、その文化とともに生きる人々の素朴な姿を垣間見せてくれます。
エジプト、チュニジア、イラン、レバノン、インド、バングラデシュ、タイなどから9~10作品を上映。併せてトークイベントも企画しています。
この機会にぜひお出かけください。

2016.09.16

2016年10月19~24日シリア「アレッポ - 失われたもの」写真展案内

写真家の加藤智津子さんからのご案内です

シリア アレッポ、ハラブ(Halab)
                光りさすスーク、古いたたずまいの街

「これは悪い夢ではないだろうか」、
 アレッポの惨状を認めたくない、気持ちは常にあります。
 アレッポを訪れたのは1993年、伝統的なスーク(市場)の調査研究に同伴したのが最初で、2011年まで頻繁に通いました。
 

2016.09.16

2016年10月開講「アラビア書芸(アラビック カリグラフィー)」講座案内

宗教法人日本ムスリム協会からご案内です

 アラビア書芸はアラビア文字を美しく書く技芸(アラビック カリグラフィー)です。

 イスラーム世界が誇る書の芸術の発展の歴史などにふれながら、美しいアラビア文字を書く練習を重ね、習熟段階に応じてグリーティングカードや作品の完成をめざします。

2016.09.08

2016年10月2日第5回「月の沙漠コンサート」案内 東京

毎年大好評の「月の砂漠コンサート」のご案内です。(会場・求道会館)
ペルシアから東西へ ~ シルクロードを行く弦の旅
 アラビアン・ナイトにも登場する魅惑の調べ、ウードと、いわばその子ども、孫にあたるゆかりある撥弦楽器たち。
 名手らが一堂に会するこのコンサートでは、それぞれ魅力的なソロの演奏と琵琶弾き語り、ソプラノとのアンサンブルをお楽しみ頂けます。
多くの皆さまのご来場をお待ちしております。 

2016.09.06

2016年9月11日公開講演会「9・11から15年 中東の混迷と『イスラム国』」

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所からご案内です

世界に衝撃を与えた9月11日アメリカ同時多発テロから早くも15年が経ちました。

この事件を契機に始まった「テロとの戦い」は、アフガニスタンからイラクへ拡大し、終わりの見えない戦火はさらにシリアを飲み込んで、中東地域は救いのない混迷のなかにあります。「イスラム国」の出現と世界規模に拡大したテロリズムは、今や私たちの日常を脅かし始めています。

このページのTOPへ